漫画

【感想】漫画『アンデッドアンラック』面白い!|読者を惹きつけるストーリーにドハマり【漫画レビュー】

ペロフネ
ペロフネ
漫画大好きブロガーのペロフネ(@perofune)です。

週刊少年ジャンプで連載中の『アンデッドアンラック』。

週刊少年ジャンプで連載中の『アンデッドアンラック』

次にくるマンガ大賞2020の1位 となった話題作となっています。

「ジャンプだから面白いって言ってるだけだろ」と思ってまとめ買いしたのですが、ストーリー展開の早さと内容の面白さがピカイチであっという間に読み終わってしまいました。

読者を驚かせるストーリーというジャンプ王道のストーリーにどっぷりハマってしまいました。

この記事では『アンデッドアンラック』の魅力・面白いポイントを紹介していきます。

ペロフネ
ペロフネ
作品の魅力やお得に『アンデッドアンラック』を読む方法も紹介していきます♫

1冊無料&購入金額の最大40%をポイント還元

「U-NEXT」

\初回登録で『アンデッドアンラック』が1冊無料!/

U-NEXTでお得に読む

31日以内の解約で完全無料で1冊試し読みできます。

クーポンで半額で購入可能♫

ebookjapanでお得に買う

『アンデッドアンラック』が全巻半額以下で読めます

『アンデッドアンラック』とは?あらすじ・内容の紹介

週刊少年ジャンプに連載されている戸塚慶文先生の作品です。

冒頭にも書いたように、「次にくるマンガ大賞2020」で第1位を獲得しています。

原作コミックスは2020年12月時点で4巻まで刊行。

まだまだ巻数も少ないので、非常に買いやすくなっています。

ペロフネ
ペロフネ
バトル・ファンタジーが好きな人は絶対気に入りますよ!

アンデッドアンラックのあらすじ

アンデッドアンラックのあらすじは

  • 主人公「風子(アンラック)」が「アンディ(アンデッド)」と出会う
  • 風子が触れた人には「不運」がくる
  • アンディは「不死」の身体を持つ
  • 自分たちが「否定者」と呼ばれ、ある組織に追われる

という感じで始まります。

第1話のコマをいくつか見てもらったほうがわかりやすいです。

第1話3コマ目にして、電車にはねられて死のうとしているのが『アンデッドアンラック』の主人公「出雲風子」です。

それには理由があって、自分が触れた人に不運が起こってしまう体質を持っていたからです。

これから飛び降りようとする風子に近づく一人の男。

その結果、風子が男(アンディ)に触れた直後に、足元が崩れ落ちて電車にはねられてしまいます。

ペロフネ
ペロフネ
「ブチュ」とか結構グロい音出してた・・・

しかし男は生きていて、身体は何もなかったかのように再生します。

男は死なない身体を持った「不死(アンデッド)」だったのです。

男の願いはただ1つ「本物の死」 です。

風子が呼び起こす不運があれば死ねると考え、行動を共にすることにします。

その後、風子と不死の男は組織に命を狙われます。

組織の男「我々はあなた達のような選ばれなかった否定者や世を害するUMA等を管理する者です」

ペロフネ
ペロフネ
この時点では「否定者」「UMA」という意味がわかりませんが、読みすすめると明らかになってきます。

絶体絶命のピンチとなった風子と不死の男。

風子は最大の不運が起こるには何が必要なのかを知っていました。

それは、キスすることでした。

風子「くるよ!不運が!!」

どんな不運がくるのかというと・・・

まさかの隕石落下。

組織の男たちを巻き添えに壊滅させてしまいました。

それでも生き残る不死の男。

その後、風子は「アンデッドだからアンディ」と呼ぶようになります。

『アンデッドアンラック』は不死「アンディ」と不運「出雲風子」が最高の死を見つける物語です。

アンデッドアンラックのメインキャラクター

アンデッドアンラックのメインキャラクターは二人。

  • アンディ:「不死(アンデッド)」。絶対に死なない身体を持つ。基本全裸。
  • 出雲風子:「不運(アンラック)」。触れた人に不運を呼び寄せる。女の子。

2人にはそれぞれなくしたい過去だったり秘密があったりするのですが、どんどん読みすすめると明らかになってきます。

不死と不運という単体で見れば過去の作品にも度々登場しているキャラ設定ですが、掛け合わせて登場させたのが面白さを際立たせています。

このアンバランスな組み合わせが想像もつかないような行動力を見せるきっかけとなっていますね。

ペロフネ
ペロフネ
アンディと風子が嫌いな人いない説すらある。

アンデッドアンラックの面白い理由は?

ここからはアンデッドアンラックを読んで「ココが面白いんだな」とドハマリしている僕がなぜ面白いのかというのを紹介していきます。

「否定者」と呼ばれる異能力者たちのバトル

アンディは「不死(アンデッド)」、風子は「不運(アンラック)」という能力を持っています。

これらの能力を持つ存在は「否定者」と呼ばれます。

アンディの場合は死なずに再生する身体が武器。

自分の指を切り飛ばして攻撃したりします。

風子の場合は触れたものに訪れる不運を使って攻撃したりします。

ペロフネ
ペロフネ
隕石だったり、レーザーだったり予想もできない規格外の攻撃は風子ならではです。

この二人以外にも何かを否定する能力の持ち主である「否定者」が数多く登場。

異能力バトルへと本格的に発展していきます。

「否定者同士の戦いは何を否定するのかを分析・推測して戦うのが重要」というのはアンディのセリフ。

相手の能力、攻撃方法、弱点などが明らかになっていないキャラが多く、そのような否定者と戦っていきます。

ジャンプ作品で言うと、

  • 相手の念能力がわからない:『HUNTER×HUNTER』
  • 悪魔の実の能力者だけどどの能力かわからない:『ONEPIECE』
  • 相手の斬魄刀の能力がわからない:『BLEACH』

といった感じです。

展開が早くわかりやすいストーリー

『アンデッドアンラック』の魅力が間延びせずに展開されるストーリーの早さです。

第1話でアンディと風子が出会うのですが、第2話では二人を狙う組織とのバトルに発展します。

出会った敵と即バトルというわかりやすさ。

否定者を狙う組織「ユニオン」から追われないためには自らが「ユニオン」に加わる必要が出てきます。

10名で構成される構成員と戦って勝利することで空いた席に加入できるという仕組みです。

その枠を狙ってバトルするというのもシンプル。

目的に対して答えがシンプルなので、ポンポンストーリーが展開されていきます。

だから全く飽きが来ないし、どんどん読み進めてしまうのです。

ペロフネ
ペロフネ
僕も試しに第1巻だけ購入して読んだのですが、気になりすぎて出ている分までまとめ買いしてました。

展開はシンプルだがストーリーに伏線が多い

目的のために戦うという非常にわかりやすく展開していきますが、ストーリーには伏線が張り巡らされています。

一例を挙げるとアンディや風子のような「否定者」と呼ばれる存在。

否定者同士が戦うのは明確な理由が出てきます。

個人的な恨みというよりは、仲間のために、地球のために戦うことになります。

個人的には1巻ラストに出てきた否定者の一人「ジーナ」の存在が『アンデッドアンラック』の大きな伏線の1つだったのかなと、4巻まで読んで感じました。

ペロフネ
ペロフネ
あまり詳しく書くとつまらなくなるので、実際に読んで確かめてほしいですね。

無限に広がる未知の魅力が詰まっている

読んでいて感じたのが「想像つかない展開へとストーリーが進む」 ということ。

張り巡らされた伏線、今後に繋がる重要なワード、徐々に見つかる新たなる否定者の存在。

作品が面白くなる要素が詰まっている作品となっています。

巻ごとに「こんな感じでストーリーが展開していくのか」と感じるので各話のストーリーがしっかりしている証拠であるといえます。

想像できないという展開は『HUNTER×HUNTER』に似ていますね。

ペロフネ
ペロフネ
ストーリー重視の人も楽しめる作品です。

ジャンプマンガのDNA「友情・努力・勝利」もしっかりと受け継いでいる

ジャンプマンガならではの「友情・努力・勝利」も『アンデッドアンラック』はしっかりと受け継いでいます。

  • 友情:アンディと風子、組織の仲間たち
  • 努力:敵対する否定者やUMAに勝つための努力
  • 勝利:自分のため、仲間のため、地球のために勝利を目指す

「不死」と「不運」という規格外の能力を使う戦闘スタイルのため過激なシーンが多くなっていますが、過去のジャンプ作品と同様のDNAを感じることができます。

アンディや風子たち、人類の敵が「え、これは無理ゲーじゃない?」 というのもあって、どうやって倒すのかが今から楽しみです。

ペロフネ
ペロフネ
想像になりますが『鬼滅の刃』のように終盤は主要キャラが死んでしまいそうな気がします。

『アンデッドアンラック』を無料で読む方法

電子書籍サービスや動画配信サービスを上手く使うと、『アンデッドアンラック』を無料で読むことができます。

  • コミック.jp:13万以上の作品を扱う電子書籍サイト
  • U-NEXT:見放題動画数18万本以上の配信を誇る人気度No1のVOD
  • FOD PREMIUM:見放題動画4万本以上のVODで
  • music.jp:動画・電子書籍・音楽などをお得に楽しめるサービス

以上のサービスの初回特典で得られるポイントを利用すると無料で読むことができます。

各サービスで無料でどのくらい読めるのかをまとめました。

サービス名
無料ポイント
無料期間
1,350ポイント(最大3冊分無料)
30日間
600ポイント(最大1冊分無料)
31日間
900ポイント(2冊分無料)
14日間
600ポイント(最大1冊分無料)
30日間

全部のサービスを使うと、7冊の漫画本(3,450ポイント)を無料で読むことができるのでかなりお得です。

『アンデッドアンラック』は2021年2月時点で4巻まで発売しているため、全て読むことも可能です。

ペロフネ
ペロフネ
サービスを賢く使うと無料で読めるのに使わないのはもったいないので、ぜひこの機会に『アンデッドアンラック』をお楽しみください♪

まとめ|漫画『アンデッドアンラック』面白いから読むべき

「次にくるマンガ大賞2020年」で第1位となった『アンデッドアンラック』。

感想はシンプルに「面白い!」です。

今後のストーリー展開も気になりますが、1巻に面白さが凝縮されています。

1巻を読めば「続きが気になって仕方がない!」となるのは間違いなし。

『アンデッドアンラック』をとりあえず1巻無料で読みたい人「U-NEXT」がオススメです。

無料登録した特典のポイント(600P)で1巻分「タダ」で購入可能です。

まとめ買いしたい人は「ebookjapan」がオススメ。

クーポンの使用で6冊まで定価の半額で買うことができます。

どちらもお得なので、ぜひ利用して『アンデッドアンラック』をお楽しみください。

1冊無料&購入金額の最大40%をポイント還元

「U-NEXT」

\初回登録で『アンデッドアンラック』が1冊無料!/

U-NEXTでお得に読む

31日以内の解約で完全無料で1冊試し読みできます。

クーポンで半額で購入可能♫

ebookjapanでお得に買う

『アンデッドアンラック』が全巻半額以下で読めます

Kindle、楽天市場等で買いたい人はこちらからどうぞ♫